手を伸ばしても触れられない

だって、アイドルだから

現場レポという文化

現場レポの豊富さはジャニーズが1番だと思います。文字だけでなく絵で表現されてる方もいてジャニーズファンっていろんな方が居て凄いなぁと感心しました。(私は絵が描けない)
女性アイドルオタクもレポを書く人はいますが、メモをとってまでという人は私はほとんど見たことがありません。ジャニーズのファンよりブログ文化が浸透しておらずTwitter2ちゃんねるで書いているからかもしれません。もしくはサイリウムを振ったりオタ芸をやるからメモなんて書いてられないか(案外これが真理のような気がする)

現場レポは行けなかった現場の様子がわかるし、それに興味を持ってファンになるというパターンも多い。どの現場にだって行けるわけではないのでいつも楽しく拝見しています。みなさんの記憶力が羨ましい...私は見惚れてしまって会話の内容はあまり覚えてないです(苦笑)

私はお笑いも好きでライブも通っていますが、トークライブでメモをとって終演後にTwitterでその内容を呟くファンがいます。今までお笑いのファンを長くしていますが、メモをとってる人をほとんど見たことがなくて初めて見た時は驚きました。お笑いの性質上やはり話を聞いて笑うというレスポンスにおいてメモをとるということは好ましく無いなと私は思います。話を聞くことだけに必死になっていて本当にこの人は楽しめているのかな?と以前隣の席になった時に思いました。わたしの好きな芸人はその行為をやんわりとやめて欲しいと伝えていました。
文字によってきつく取られることもあるし、トークライブという性質上タダでTwitterに書かれたら困るからだと説明していてなるほどなーって思いました。あと、その芸人は世間一般のイメージとトークライブでみせる姿にギャップがあってとてもじゃないけどテレビで言えないこと言っててそれが漏れたら困るからだと(笑)確かに結構ギリギリの事言っているのでそれをTwitterに書かれたら困るよなぁ...と思います。
その芸人は「トークライブというのはここでのお客さんだからと安心して話してる」と言っていてああなんかこう言ってもらえると次もまた来ようって思えて嬉しかったです。
チケット代を払ってその時間を共有する関係は特別だと思うのです。もちろんアイドルと芸人では全く楽しみ方も考え方も違います。一概に論じることはできません。

タダで楽しむということも大切だとは思いますが、エンターテインメントはお金を払ってこそだと思います。それが還元されてもっと楽しいことをしてもらえると考えると非常にwin-winな関係になれると思います。

とは言いながら、やっぱりレポートは好きだし読んでて好きという熱量が伝わる事って特別な気持ちになります。それきっかけで興味を持って行きたい♡って気持ちになるし本当に行きたくさせるレポートを書いてくれるジャニオタが私は大好きだ!!!
広告を非表示にする