手を伸ばしても触れられない

だって、アイドルだから

『ヒメアノ〜ル』と一緒に観て欲しい『さんかく』の魅力

『さんかく』という映画が好きだ。好きになった人とは絶対一緒に観ている。そして、大抵観終わったら困ったように笑っている。
ネタバレなし。

さんかく 特別版(2枚組) [DVD]


あらすじ
ちょっぴりダメ男・30歳の百瀬(高岡蒼甫)と、ちょっぴりイタイ29歳の佳代(田畑智子)は、同棲して2年が経ってる。付き合いたてのラブラブ感はなく、特に百瀬は、佳代との関係にマンネリを感じ、態度や言葉の節々が無愛想になっていた。夏のある日、そんな二人の元に、佳代の妹で中学3年生(15歳)の桃(小野恵令奈)が、学校の夏休みを利用して転がり込んできた。
天真爛漫な桃のペースに振り回される百瀬と佳代。百瀬は、桃がもたらすいつもと違う気配にドギマギ。夜中の桃のトイレの音が妙に気になったり、下着同然の部屋着姿でうろついたり、かわいく耳打ちしてきたりと、桃がやって来てから落ち着かない日々を送る百瀬。さらに桃は、百瀬自慢のカスタムカーを「個性的でかわいいじゃん!」と褒めたり、百瀬のケンカ自慢話に目を見つめながら「桃は強い人、好きだよ」とつぶやいたり、百瀬の心を何かとくすぐる。そんな桃の態度に、百瀬は次第に惹かれてしまう。
15歳のコドモに熱を上げている百瀬、押し付けの愛情を抱える佳代、オトナを翻弄しっぱなしの桃。それぞれ一方通行の思いを抱えた三人の、奇妙な“さんかく”関係の行方は・・・?

感想

ヒメアノ〜ル』を観て無性に感じたザワザワは『さんかく』に共通していると思う。吉田監督は日常と非日常の狭間を切り取るのがとても上手だ。狂気はいつだって日常に潜んでいる。

『さんかく』の桃は当時AKBに所属していた小野恵令奈ちゃん。ブランチの映画コーナーでの紹介で恋をした。映画館で恋をした。DVDで『さんかく』を観る度恋をする。何度だってあの頃の君に恋をする。彼女は芸能界を引退してしまったけれど、何度だって恋をする。
この映画は小野恵令奈ちゃんが凄い。舌っ足らずで可愛くて計算された無防備で若い女の子の負けん気の強さがあって私最強!という感じの女の子。未成熟な色気。
キャミソールの紐が肩から落ちるシーンなんてこんなの男なら誰でも好きになるよね?というような。(ちなみにキャミソールの紐が肩から落ちるシーンは演出ではなくたまたまという奇跡)
これでこそアイドル!えれぴょーん(叫)

『さんかく』と『ヒメアノ〜ル』に出てくる女性は似ていて『ヒメアノ〜ル』の舞台挨拶で吉田恵輔監督は「ユカは好きな女性の理想像です」と仰っていました。なるほど。わかる。少年時代に描いたようなLady的なね。桃が成長したらきっとユカのような女性になりそう。

ヒメアノ〜ル』とは別のベクトルで『さんかく』という映画は心をざわめかせる。それでも、この2つの映画は似ていてまるで双子のように感じます。この映画も後半の展開がすごい。ただの恋愛映画じゃないこんちくしょう。

『さんかく』のキャッチコピーは「好きになるのは、カンタン。好きでいることは、ムズカシイ」
『さんかく』は登場人物全員がイタい。どこかそのイタさは自分の中に確かにあって観ていて夜中黒歴史を思い出してベッドの上で足をバタつかせるような気持ちになります。なんだろう...例えるのなら中学生の時に好きになった人へ書いたラブレターを大人になって急に机の引き出しの中から見つけた時の感情に似ている(実体験)
「こいつイタいなぁ」という嘲笑から登場人物に「バカじゃないの」とマジレスして「やめてくれ」と頭を抱えるような気持ちになります。ぐるぐると立ち位置が変わりそれでも軸となるテーマは変らない。

多かれ少なかれ人って恋愛するとバカになるしイタくなる。情緒不安定になるし、好きになってくれるのか、愛されてるか不安になる。でも、興味がなくなったら突き放すしそれって悪いことじゃないよね?だって好きじゃなくなったんだからなんて自己正当化してしまう。

まとめ

もし、『ヒメアノ〜ル』で吉田恵輔監督に興味を持った方がいたら『さんかく』をおすすめしたい。まだ『ヒメアノ〜ル』を未視聴の方は『さんかく』で監督の世界観を予習をするのも非常におすすめします。