手を伸ばしても触れられない

だって、アイドルだから

結婚とか恋愛とかそんなことを考えるお年頃。

最近、周りの友だちの恋愛についての悩みが多くなったように思う。結婚とか恋愛とかそんなことを考えるお年頃。昨日は気がおけない友人たちと食事に行った。

このままでいいのかな?なんて不安になるけれど、まだまだ結婚は考えられない。
めっちゃ結婚?したいわけじゃないけど、しないと言えるほど確固たる意思があるわけじゃない。
昔、「結婚式はしたくない、だってさらし者になって恥ずかしいじゃん」と男友達と話していたら「女の子は結婚式とかウエディングドレスに憧れる生き物なの!」と言われた。だから、本心はともかく「結婚したい~♡」と言うようにした。
気づけばアラサーになる歳でいつまでもふらふらしてるわけにはいかない。

恋愛は苦手。お付き合いしてきた方もそれなりにいるけど、好きになったら恋をしたらバカになるから嫌だ。
中学生の頃母に「あなたは恋愛をしたらダダ漏れるわね。気をつけなさいね」と言われた。大人になったら、10年経ったら変わるのかな、と漠然と思っていたけれど変わる気配はない。だから、うまく感情を飼い慣らすように恋愛だけ彼氏にだけに気持ちが行かないようにした。我ながら不器用だと思うし、気持ちが重すぎる。


目下の悩みは「彼氏にジャニーズをV6を好きになったことを告白できない」と言ったら「女子中学生か」と爆笑された。恋愛偏差値は10年前から変わらない。みんなが通ってきた道を今まで通ってなかったからどうすればいいのか分からない。
みんなが深刻な顔して恋愛の悩みを話していたのがぶっ飛んでくれたのでそれは良かったのかななんて思う。私は真剣な悩みなのに。

とりあえず、「Q-pot.コラボのゼクシィ可愛いよね」と結婚の予定もないのに酔った勢いでゼクシィを買った。

帰り道、ゼクシィの重さを感じながらビールを買った。
大人になることは難しい。大人はもっと大人だと思っていたよ。

とりあえず今はアイドルを好きになることで精一杯です。
広告を非表示にする